中国へ行くなら絶対持っていくべきものTOP10

留学準備で一番時間がかかったのは荷物の準備です。

私は出発当日の朝までパッキングをしていました。(笑)

最低限これさえあればなんとかなる10選を紹介します。

目次

パスポート

留学の持ち物としてパスポート持参は当たり前ですが、中国へ留学する場合以下2つの条件を満たしてなければいけません。

  • 査証空白欄が最低3ページ以上あること
  • 滞在期間プラス4か月分の残存有効期間があること

中国にある日本大使館や領事館でも更新はできますが、残存有効期間が1年をきっている場合は、留学前に日本で更新しておくことをオススメします。

留学ビザ

中国留学の場合、X1ビザ(留学期間6ヶ月以内)もしくはX2ビザ(留学期間6ヶ月以上)が必要です。詳しくはネットで調べたら分かります。

ビザ申請は特にエージェントに頼まなくても、そこまで難しくないので自分でビザの申請はできます。

ビザ申請をエージェントにお金を払って代理でやってもらうのはもったいないです!

あわせて読みたい
ググっても全然分からない!中国ビザの延長について
ググっても全然分からない!中国ビザの延長について留学手配や中国滞在の中で、ビザの手続きほどめんどくさいものはないと思います。私は当初、半年の中国留学予定でしたので1年に延長するかどうかは実際に中国に行って...

保険

保険については大学で入れる保険もありますが、補償対象が少なかったりする場合もあるので、事前に日本で保険に入って行くことをお勧めします。

あわせて読みたい
【留学保険の選び方】留学エージェントが紹介する保険を信用してはいけない!
【留学保険の選び方】留学エージェントが紹介する保険を信用してはいけない!留学中、特に住民票を抜いて海外転出届けを出した方は国民健康保険もないので、留学中の保険は絶対に入りましょう。保険については適当に選ばず、自分で調べた後自分で...

お金

生活費以外でも授業料や寮費で何十万と大金が必要になります。

銀行送金や現金である程度持って行くなど色んなお金の持って行き方があります。

50万円現金で持ってきた!という留学生もいました。(笑)

以前も書いた通り、キャッシュパスポートだけはオススメしません。

あわせて読みたい
中国留学でキャッシュパスポートをオススメしない理由
中国留学でキャッシュパスポートをオススメしない理由留学するとなると、お金をどうやって現地に持って行くか考えなければいけません。半年、1年の中国滞在となると結構な大金が必要ですよね。銀行送金やキャッシュパスポー...

クレジットカード

例えば、中国で大学の授業だけでは物足りない場合、スカイプレッスンを始めようと思うと会員登録にクレジットカード情報の登録が必要になります。

中国では支払いはほとんど支付宝か微信付なので、クレジットカードを使うことは滅多にありませんが、中国以外の国を旅行することになると、ネット上での支払いや現地での支払いの際にクレジットカードを使う機会が一度はあります。

私は中国留学中、マレーシアやシンガポールに旅行へ行きました。

他にも台湾や香港、マカオに旅行に行く日本人留学生も多くいました。

日本から行くより近いので、航空券も安く旅行費が高くないため、この機会にいろんな国へ行く日本人留学生が多いです。

またヨーロピアンやアメリカ人は夏休みや冬休みにアジアを旅する留学生がほとんどで、中国に残る留学生は少ないです。

旅行の際にクレジットカードを持っていると安心ですし、何よりクレジットカードには保険がついているので、留学保険とうまく組み合わせると低コストで運用できます。

電子辞書

以前の記事で紹介したように携帯のアプリでも役立ちますが、電子辞書があると授業でも心強いです。

あわせて読みたい
中国生活で毎日助けてくれるappを紹介
中国生活で毎日助けてくれるappを紹介中国はそろそろ新学期が始まる頃かと思います。今学期から留学する方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、中国留学中に特に活躍したappを紹介します。【WeChat ...

アプリには載っていない単語が電子辞書には載っていたり、逆に電子辞書に載っていない単語がアプリに載っていることがあります。

うまくアプリと電子辞書を使い分けて活用すると良いと思います。

また、日本人留学生は100%電子辞書を持っていますが、日本以外の留学生は100%電子辞書を持っていません。(笑)

参考書

文法、リスニングやHSKなど日本語で書いている参考書は、中国に売っていません。

中国語初級〜中級の方は必ず参考書を持って行ってください。

特に文法やHSKの本は買っていくことをお勧めします。

もちろんそのような本は中国にもありますが、解説が日本語ではありません。

※授業で使う教科書の解説や単語の意味は全て英語です。

また、単語帳などは持っていかなくても問題ないと思います。

ノートPC

中国にもノートPCは売っていますが、日本ですでに持っているのでしたら日本から持って来た方が中国で大金を使わずに済みます。

また、ノートPCはプレゼン資料作成などで必ず使います。

お金を払うとPCが使えるお店が大学内にもたくさんありますが、プレゼン資料作成などは時間がかかりますし、そういうお店は人の出入りが激しく静かではないので、あまり落ち着いて作業ができません。

ノートPCは必ず持って行きましょう。

CD読み取り機器

CD読み取り機能内蔵のPCでしたら問題ないですが、もし内蔵されていないのでしたら外付けのものを持って行った方が良いです。

なぜかというと中国語を勉強するのに一番有効なのは正しい発音を聞いて真似する、シャドーイングです。

大学の教科書にはほとんどCDがついているので、授業の予習や復習にCDを聞く機会が出てきます。

iTunesを使ってiphoneに入れて毎日聞けると便利なので、CD読み取り機器は何度か使用しました。

逆にないとCDをダウンロードできるお店などはないので、大変困ります。

特に大学内外にあるパソコンを使えるお店にMacはありませんので、Macユーザーは必ず持って行きましょう。

日本の薬

中国留学には、喉薬必須です!!

空気が悪いので喉を痛めることが多くなります。

また、喉を痛めてそこから風邪になることもありますので、風邪薬も用意しましょう。

そして留学期間中、一度はお腹を壊すことになると思うので、胃腸薬も必須です。


以上になります。

上記以外は中国で簡単に揃うので心配不要です!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる