中国人に人気のデパコスTOP5@資生堂編 中国語名と一緒に紹介

前回、中国人に人気のコーセーの商品を紹介しましたが、今回は資生堂編です。

あわせて読みたい
中国人に人気のデパコスTOP5@コーセー編 中国語名と一緒に紹介 現在、中国からのインバウンドはほぼ皆無ですが、コロナ前は百貨店に中国人だらけでしたよね。 代购(ダイゴウ)と呼ばれる仕事があり、日本に来れない人のために代わり...

資生堂については、デパコスも人気なのですがデパコス以外の商品も中国人にすごく人気があるのでそれも含めて紹介します。

目次

ドラックストアでよく見るあの洗顔

日本でもドラックストアでよく見るこのSENKAの洗顔、中国でも人気です。

ドラックストアで通訳のアルバイトをしていた時、中国人が大量に購入してスーツケースに詰めてました。(笑)

中国ではSENKAのことを、珊珂(シャンクー)と呼んでます。 

昔から人気ですが今でも洗顔のジャンルで、他のブランドを押さえて常にランキングトップにいる人気商品です。

中国人が大好きな日焼け止め

中国人に人気なANESSA アネッサは、安热沙(アンナイシャイ)と呼ばれています。

この日焼け止めは本当に中国人に人気で、こちらもドラックストアで通訳時代からアンナイシャイはどこだ?!ってよく聞かれました。(笑)

昔から人気ですが、こちらも最近の日焼け止めランキングでもトップです。

資生堂の人気化粧水と乳液

ELIXIR エリクシールは、怡丽丝尔(イーリースーア)と呼ばれていて、資生堂のブランドの中でも中国で人気があるラインです。

資生堂のブランドで一番人気な化粧水乳液はこちらです。

こちらもドラックストアでもよく見ますよね。

中国人が大好きな赤色ライン

こちらのパワライジングの乳液は、他のブランドを押さえて乳液ランキングでトップです。

この商品は、新红妍肌活精华露と名付けられていて、直訳すると「新しい赤色、美しい肌活、美容液」という意味です。

肌活という日本語がそのまま中国語になっています。

CPBと呼ばれる最高級ライン

上から順番に見て頂いて分かって頂いたと思いますが、最初は資生堂の中でも比較的安価なブランドラインが昔から中国人の間では人気でした。

しかし中国人女性の中で、高級な化粧品を使うことが男性で言う車や時計のようなステータスになったのです。

2016年頃から資生堂でいうと最強級ラインのクレ・ド・ポー・ボーテが中国のSNSで広がり、今では中国人女性が憧れるブランドになりました。

中国では、CPBと呼ばれていて、洗顔、化粧水、乳液、クリームのスキンケアラインが人気です。

資生堂の中国戦略はカラー

個人的に資生堂が中国で人気なのは、もちろん日本でも人気な商品のクオリティや信頼があるからで、どこよりも早く中国進出したことが大きな要因かと思うのですが、どの商品を見ても資生堂の容器のカラーが中国人が好む色が使われているんですよね。

ELIXIR エリクシールもゴールドを基本としたカラー展開、アネッサもゴールド、乳液のパワライジングは赤色、CPB(クレドポボーテ)は、中国人が好きそうな高級感あるデザイン。

やはり中国でヒットするためには、化粧品の容器のカラーやデザインは重要だと思います。

中国は日本よりも口コミで商品が広がっていく文化なので、SNSで商品の見映えが良ければ良いほど拡散しやすいです。

個人的に資生堂の商品を見ていつもそれを感じます。(笑)


以上になります。

インバウンドが復活してまた変化があればまた更新します。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Japanesegirl KOKOのアバター Japanesegirl KOKO 中国人みたいな日本人

こんにちは、KOKOです。
私のブログに訪問していただき、ありがとうございます。
私は、会社を辞めて中国に留学し、その後中国関係のお仕事をしていています。

主にやっているお仕事は、2つです。
①中国SNSや認知・集客イベントのコンサル(越境ECやインバウンド集客)
②人事(中国留学経験がある日本人へのキャリア支援&仕事紹介、中国人留学生へのキャリア支援&仕事紹介、中国人への日本での転職支援)

私は中国に留学して、中国語を学び世界中の留学生と交流した経験で、性格や思考が変化し、人生が豊かになりました。お金などの「富の豊かさ」の意味ではないですが、確かに留学後に年収150万ほど上がり、20代中盤で管理職になり、海外駐在も経験できました。

日本の皆さんがこれからの時代、自分の視野を広げて自分自身で自分の人生をより豊かにしていくことができるように願っています。

豊かな日本人が一人でも増えて欲しいという想いで、中国語や社会人留学、中国ビジネスなどに関する情報を発信しています。 

コメント

コメントする

目次