中国生活で役立った意外なもの4選

上海は大都会なのでなんでも揃います。

また、タオバオという日本でいう楽天のように最強通販サイトで何でも安く揃います。

が、やっぱり日本から持って来て良かったなと思うものもたくさんあります。

もちろんPCや電子辞書、化粧水、服などもそうですが、今回はそれ以外で留学生活で意外と役に立っているものをご紹介します。

目次

昔のスマートフォン

中国は国の規制により、LINE、Facebook、ツイッターなどが使えません。

VPNのアプリを使うとFacebookやツイッターには繋がるものの、LINEだけはどうしても繋がりませんでした。

iphoneのsimフリーを持って来て中国のsimカードを入れて使用していますが、simカードを抜いてVPNに繋いでもLINEだけが繋がらないのです。

そんな時に活躍したのが以前使っていたiphone4。携帯が壊れた時のために予備で持って来ていました。

ダメ元でVPNに繋いでLINEを開くと繋がったのです!

理由はわかりませんが、LINEのメッセージが確認できるのでとても助かりました。

中国はwechatが主に連絡手段になるのですが、日本ではLINEが主なので中国で日本の友人や家族と連絡が取れないと困りますよね。

使うことはないだろうと思っていたiphone4ですが活躍したので、以前のiphoneなどが手元に残っていたら予備として持って来ると役立つ日が来るかもしれません。

エコバック

実際に中国に来ると、外資系スーパーや日系スーパーでまとめ買いすることが頻繁にあります。

特に自炊する方は必要になると思いますが、やはり欲しくなるのが大きめのエコバック

中国はほとんどの大きなスーパーで袋は有料です!

なのでエコバックは大活躍しています。あるととても便利です。

私は母が上海に来た時に持って来てもらいました。

もちろん中国でエコバックを購入しようとしたらお店やタオバオなどでも購入できますが、私は中国でわざわざエコバックを買う気になりませんでした。(笑)

ジップロック

こちらも母が上海に来てくれた時にお願いして持って来てもらいました。

写真のように、一度にいっぱい炊いてジップロックで小分けして冷蔵庫に保管しています。ご飯を何度も炊かなくて良いので便利です。

また中国に来ると、果物やデリバリー、お持ち帰りをする機会が多くなると思いますが、余った分を冷蔵庫で保存する時にも使えるので便利です。

上海には日系スーパーやダイソーなどもあるので、こういうものは手に入るかもしれませんが、荷物になるほどのものでもないのでもし家にあればいくつか持って来るとかなり活躍します!

水筒

中国はとても健康志向なので氷や冷たい水を避け、中国人は年中暖かいお茶を飲んでます。

大学でも寮でも熱いお湯を飲める給湯器があるので、留学生もみんな中国人のように水筒にお茶っぱを入れてお茶を楽しんでます。

私はお茶っぱは入れずお白湯として飲んでいて、夏になっても冷たい水ではなくお白湯を飲んでます。(笑)

また、食堂や小さいお店などは水が出ないことが一般的なので、ご飯を食べに行くときなど外出するときは水筒は必須です!

中国にも簡単な水筒は売ってますが、日本のように保温機能が付いたものはなかなか近場には売ってないので、日本から持っていくことをお勧めします。


以上です。

荷物に余裕があれば是非日本から持って来ることをオススメします!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる