【5年後に振り返ってみた】会社を辞めて留学するか迷っている方へ。〜会社を辞めて留学して良かった5つのこと〜

会社を辞めて英語取得や他言語で留学する方、少ないとは思いますが、いらっしゃると思います。

学生時代できずにやっぱり留学したい、そう思い私は思い切って会社を辞めて留学しました。

ちなみに仕事も楽しくなかったので辞めれたというのもあります。(笑)

もし会社の環境も良く、仕事も楽しければ会社を辞めるのは相当勇気がいることでしょう。

それでも社会人留学とはまた学生の頃に留学するのとは覚悟も違うので得るものも比べものにならない違ったものを得られると思います。

今回は、私が留学で得た5つのことを紹介します。

目次

ビジネス市場で自分の価値を高められる

留学したことがある人は私の周りにもたくさんいますが、英語が話せる人ってとても少ないです。

社会人留学は、会社を辞めて行くので大学生の留学とは覚悟が違います。

精神的にも大人なので、大学生の時に行く留学より質の高い留学生活を送れると思います。

※会社派遣の人は会社に派遣されているのでまた違うと思います。

会社を辞めて行くと留学後のことで不安があったり、語学を習得しなければ留学後の職はないという恐怖もあり、本気で語学と向き合えます。

そして、やはり日本では語学ができると、貴重な人材になれます。

まず、転職活動で、日本には英語や中国語を話せる人が少ないので、語学レベルが求められた求人は倍率がそもそも高くないです。語学ができるだけで、戦うライバルが少なくなります。

また、ネイティブレベルはもちろんですが、日常会話ができる人も少ないです。

求人にはネイティブレベルと書かれていても、日常会話以上できれば面接に通過する可能性も高いです。

なぜなら応募する人が多くないからです。応募できる人材がそもそも他の求人に比べると少ないのです。

もし語学を取得したら日本では貴重な人材になり、転職活動でも語学レベルを求められる求人の応募に通りやすいです。

またその後、その仕事で語学を活かさなくても、その国に関連した仕事で経験を積むと、更に貴重な人材になれます。

私は中国語を活かした仕事もしましたが、どちらかというと中国に関わる仕事をしたことで自分の市場価値が上がり、その価値で転職活動でもこのような経験をしている人材は少ないので転職活動でも有利になるとエージェントからも言われました。

実際に自分自身も肌で感じ、留学後の転職活動は自分が思っていたより結構簡単にパスできました。

次回の転職でも、同じような中国関係の仕事に就く場合は、給料交渉などがしやすいです。

世界中に社会人の友達ができる

毎日狭い日本で、社会人として生活していると、これといった刺激もなく、毎日同じ人、同じ場所、追われて生きる日々、いつの間にかどんどん視野が狭くなっている・・・。

働いていた頃、そんな感じがしていました。

留学するとクラスにはヨーロッパやアジア、アメリカ、色んな国籍の人がいて、中国に留学して世界中に色んな友達ができました。

特に面白かったのは、海外の社会人の友達ができることです。

社会へ出てからの自分が世界の社会人の友達と出会えることで、新しい考え方を学んだり、違った物事の捉え方を学ぶことができます。

また海外の人は起業している人も多く、社長をやっている友達もたくさんいました。

そんな人たちに触れ合えるだけでワクワクしますし、自分の視野が広がり、自分の可能性も広がりました。

社会人になるとなかなか新しい友達はできないと思うのですが、留学では色んな国の方と交流できるチャンスが毎日たくさんあります。

もちろんそれを避けて日本人同士、韓国人同士でつるんでいる大学生は多くいます。

ほとんどの大学生の子達が大学ごとに交換留学で来ていたりすることが多く、そこの輪を避けることができない学生も少なくないと思います。

社会人として留学に行くと、年齢が離れていることもあり、日本の大学生達とは良い距離で付き合えますし、避けることも簡単です。

海外の色んな留学生と話すことで、今まで興味がなかった国へ興味を持つきっかけにもなり、知らなかった国を知ったり、宗教への考え方が変わったり、友達がいなかったら行かないような国に旅行に行ってまたそこで視野が広がったりします。

簡単に言えば、自分自身の価値観が変わるのです。

英語ができたらもっと友達がたくさんできたと思いますが、私は英語ができなくても中国語で会話したりして友達ができました。

英語を習得してから留学に行ったら、また違った留学を体験ができるだろうと感じました。

また帰国後も、留学でできた友達に仕事のことや今後のことで色んな相談をしたりして、日本の友達からは得られない意見をもらったり、旅行に行って会いに行ったりもして、自分の人生が豊かになったと思います。

新しい自分の可能性を見つける時間

社会人になってから仕事に明け暮れ、休みの日は予定を詰めて、気付いたら自分の時間を作らない癖ができていました。

留学すると、部活も仕事もなく、ただ中国語を勉強するだけでいい。

そんなゆとりのある生活を送るのも、ゆっくり時間をかけて自分と向き合う時間を作れたのも、人生で初めてでした。

日本にいると、キャリアに空白を開けることに対して社会はまだまだ理解がないと思いますが、留学をして色んな国の人と話すことで、世間を気にしてずっと働き続ける必要もないと感じました。

働いたら少し休んで、また働けば良いのです。

中国留学時代、時間ができたことで過去を振り返り色んなことを考え、自分とはどういう人間なのか、これからどうなりたいのか、どんな人生にしたいのかなどを考え、今まで出来なかった色んなことに挑戦できました。

こうやってブログで中国の情報を発信しようと考えたのも、留学中に挑戦したことが今に繋がっているからです。

囚われた価値観が解放される

同じ日本人でも育った環境などによって価値観も様々ですよね。

国籍が違えば、もっと違います。

ある日、ヨーロッパのルームメイトが有給インターンシップを始めました。

そしてなんと2週間で辞めました。理由を聞くと、「上司と合わないから」だそうです。私はとても驚きました・・・。

そんなことで辞めるの!?日本だと辛いことがあっても我慢して我慢して3年は続けなきゃ次に仕事を探すのは難しいよ、と伝えました。

すると「3ヶ月じゃなくて3年!?」ととても驚いていました。

日本だと普通のことが世界では普通じゃないんだ。嫌だと思ったら辞めていいんだ。とその時に感じました。

彼女は「I’m happy no matter what」(たとえ何があっても私は幸せ)と言っていました。

彼女の生き方をみていると、嫌だと思ったら辞めるし、どんなことに関してもひとつひとつ、自分が幸せになる選択をして生きているなと感じました。

日本は我慢とか根性などが美として評価され、残業が多かったり、過労死なんて言葉があったりしますよね。

そういう国で生きていると、我慢することを自然と覚えて、自分の心に従うことよりも世間体を気にして続けることが正しいと考えてしまいます。

色んな国籍の人たちと一緒に毎日授業を受けて寮でも一緒に過ごしていると、「みんな人生楽しんでいるな」「もっと私も人生楽しんでいいんだ」と感じました。

日本に帰ってきてから「自分の人生を楽しむこと」「自分の心に従うこと」を意識して生活するようになり、世間体よりも自分を大切にするように変わりました。

価値観が変わると選択肢も変わります。選択肢が変わると人生が変わります。

また、物事の捉え方が変わります。物事の捉え方が変わると人生の捉え方も変わります。

余裕がある留学生活を楽しめる

中国へ留学している日本の大学生の9割以上は、大学生同士、日本人同士で一緒にいるので、毎日日本語をたくさん話しています。

私が大学生だったらそうだったかもしれません。

私は、大学生の子達ともコミュニケーションを取りましたが、日本人交流会や飲み会などには一度も行きませんでした。

休みの日も、なるべく中国人や外国人と中国語を話すように意識して行動しました。

そのおかげで、中国語は誰よりも伸びた自信があります!(笑)

また、社会人になると、会社で色んな人と一緒に仕事をして、うまく人と付き合う方法を得るので、留学中も人間関係で悩むことはありませんでした。

大学生は結構、人間関係で揉めていたり喧嘩をしたりしていて、色々と相談に乗ったりすることもありました。

きっと大学生の頃の私だったら、人間関係の築き方も下手で人とコミュニケーションを取ることが苦手だったので、留学中も人間関係で悩んでいたと思います。

そういう意味では、人間関係などに悩まずに語学の勉強だけに集中できる環境だったと思います。

一度社会に出てからの留学は、精神面も学生とは違うので、大学生の留学とは違って色んなことに対して余裕のある楽しみ方ができると思います。


以上になります。

大学時代も留学経験のない私は、日本以外の国に住むのも初めてだったので、毎日が刺激的でした。

海外に住むということは、人種も言葉も食べ物も文化も何もかも違います。

日本語が聞こえてきたら「日本人がいる!?」と反応するくらい、毎日中国語や英語を聞いて過ごしていました。

「いただきます」は言わない、「ありがとうは身近な人には使わない」など、ちょっとしたことが日本の文化と違いますので、毎日新しい発見をする日々です。

留学して最初の半年間は、毎日楽しくて寝る前に「明日はどんな1日になるのかな〜」なんて考えて眠りについていました。

今考えるとめちゃくちゃ幸せな日々で、毎日「ああ〜幸せだな・・・」と感じていました。

留学経験者の方はお分かりだと思いますが、留学は辛いことがたくさんあります。

留学=楽しいイメージを持たれがちなので、なかなか留学したことがない人には言葉で説明しても伝わらないのですが、本当に留学中は色んなことが起こって大変です。

ただ、めちゃくちゃ楽しいこともあり、日本では経験できないことがたくさんできます。

何より、何も行動しない将来と比べて、留学後の人生が変わります。

ただ、自分を変えるためには環境を変えるだけでは変わりません。努力しないと変わりません。

一度日本以外の外国に住むことは、自分の人生を豊かにする良いきっかけになると思います。

コロナで留学も簡単ではないですが、今度留学を考えられている方、是非参考にしてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる