中国語を1年で話せるようになった3つのポイント〜参考書・マインド・習慣〜

私は中国語取得前に、英語にも挑戦したことがあります。

しかし英語は、参考書を買い漁ったり、オンラインレッスンや対面マンツーマンなど、何をやってもダメでした。

そんな私が中国へ留学して、なぜ中国語を話せるようになったのか。

今回は、たった1年間の留学で、ゼロから中国語取得に成功した3つのポイント❶参考書、❷マインド、❷習慣について紹介します。

目次

参考書を購入する前に

参考書について、英語の本は、どこの本屋にも山ほど売っていますよね。

最近中国語の本も増えてきましたが、いろんな参考書を見るとついつい何冊も購入しがちです。

結論、参考書は1冊でいい。

何冊も色んな参考書に手を出してしまいがちですが、1冊の参考書に勉強法はたくさんあります。

まずは1冊の参考書を何周もしてみましょう。

あわせて読みたい
【2022年最新】中国語が全く話せなかった私がHSK5級レベルになるまでに使った参考書と勉強方法【初級編】 私が中国に留学へ行った当時に話すことができた中国語は、你好、一年、好吃くらいでした。 大学の中国語クラスに入学すると最初にクラス分けがあるのですが、スピーキン...

参考書の選び方

参考書を選ぶ際は、下記2つに気をつけています。

参考書の選び方

  • 参考書を買うなら出来るだけCD付きのものを選ぶ
  • 良い参考書は、見やすい、分かりやすい、無駄がない

もし読めるようになりたいのならCDはなくても良いですが、話せるようになりたいのなら耳で正しい発音を聴きながら覚えていくことがベストです。

間違った覚え方をする前にCDで正しい音を聞いて覚えましょう。

また、どんなに売れている本も、自分がその参考書を見て、やりたい!と思うのかが重要です。

開いてやる気が失せるような文字がぎっしり、分かりづらい、心が折れそうなくらい難しい、となると結局継続できず意味がありません。

たくさんある参考書の中から、売れているものではなく、見やすいと参考書を選びましょう。

【語学マインド】参考書に取り組む際の心構え4箇条

①完璧を目指さない、8割くらいを目指す(だいたいで良いのです)

②覚えたくない例文は覚えない(自分を憂鬱な気持ちにさせないことが継続の秘訣

③何周もするまでノートにまとめない!(時間がもったいないです)

何周もしてから覚えられないものだけノートにまとめましょう。

④覚えられないページだけ印刷して参考書と訣別する

ノートにまとめるのもめんどくさい場合は、印刷しましょう。

8割くらいマスターすれば覚えられない部分や重要な部分だけ印刷して、参考書とさよならしてください。

いつの間にか慣れた参考書を開くのにワクワクしなくなると思いますが、印刷された紙だと謎に新たな気持ちになります。(笑)

ここまできて初めて次の参考書へ手を出してもOKです。

語学を習慣にするために

嫌になる前に辞める

嫌になると勉強しなくなります。

1ページでも良いから毎日勉強しよう!毎日必ず3ページ!毎日このくらいする!と決めていても疲れている日もあれば、体調が優れない日や気分が乗らない日もあります。

嫌と思ってしまったらしばらく参考書を開けたくなくなるでしょう。

嫌になる前に辞めることは語学を継続するにあたってとても大切です。

やり始めるまでは嫌な気持ちなのは大丈夫です。(笑)

ただ、やり始めてからあーやだなーと感じたらやめてみてください。

習慣にするために、一日2分、など超短い時間で決めてやってみて習慣にすることからスタートしても良いと思います。


以上になります。

具体的な勉強方法はまた別途書きますが、今回はマインド、心構えについてご紹介しました。

語学取得に向けて一番大切なことはマインドと習慣なので、これについてまた書きたいと思います。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Japanesegirl KOKOのアバター Japanesegirl KOKO 中国人みたいな日本人

こんにちは、KOKOです。
私のブログに訪問していただき、ありがとうございます。
私は、会社を辞めて中国に留学し、その後中国関係のお仕事をしていています。

主にやっているお仕事は、2つです。
①中国SNSや認知・集客イベントのコンサル(越境ECやインバウンド集客)
②人事(中国留学経験がある日本人へのキャリア支援&仕事紹介、中国人留学生へのキャリア支援&仕事紹介、中国人への日本での転職支援)

私は中国に留学して、中国語を学び世界中の留学生と交流した経験で、性格や思考が変化し、人生が豊かになりました。お金などの「富の豊かさ」の意味ではないですが、確かに留学後に年収150万ほど上がり、20代中盤で管理職になり、海外駐在も経験できました。

日本の皆さんがこれからの時代、自分の視野を広げて自分自身で自分の人生をより豊かにしていくことができるように願っています。

豊かな日本人が一人でも増えて欲しいという想いで、中国語や社会人留学、中国ビジネスなどに関する情報を発信しています。 

コメント

コメントする

目次