ニーハオしか話せなかった私が留学9ヶ月目でHSK5級に合格!

去年の9月から留学し、5月にHSK5級に合格しました!

HSKとは?

漢語水平考試と言うもので中国政府公認資格です。

既に中国国内を含め118ヵ国、875以上の試験会場で実施されていて世界中で通用する資格です。

2010年に新HSK制度がスタートして、HSK1級から6級まであり、6級が最高級になります。

日本の英検とかだと1級が一番難しいので、それとは真逆になります!

今回私が受験したのはHSK5級で、300点満点、6割の180点以上で合格になります。

左から、リスニング100点満点、ライティング100点満点、作文100点満点の配分です。

同じクラスの受験した子たちの中でも、一番スコアは良かったです!

HSK5級の試験対策としておすすめ勉強法はこちら。

とにかく過去問を解くこと。

ひたすら単語帳をしているクラスメイトもいましたが、過去問をする中で出てくる単語を覚えれば問題無いです。

単語帳をする時間があるなら、1つでも多く過去問を解くことをおすすめします。

最初は全然合格点にも届かなかったのですが、問題に慣れることでスコアもどんどん伸びましたし、コツも掴めました。

留学した当初は「你好!」とか「好吃!」くらいしか話せず、大学の中国語クラスでも下から2番目の初級クラスから始まりましたが、なんとかここまでレベルを上げることができたので、次は6級目指して頑張ります!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!